憧れの目元になるのに短時間施術で済むのは魅力的

美しい目は作れます

注射器

目の印象が顔の印象を左右する

二重を作るために、まぶたに貼るシールやノリなどが様々なお店で販売されていることから、目を二重にしたいと考える方はとても多いです。一重に比べて顔全体が優しく見えたり、可愛らしい印象になるということで、このような商品は若者だけでなく、大人の方でも使われています。しかしこれらの商品は永続的にまぶたの線を維持できるものではなく、剥がれてしまったり、まぶたの皮膚が荒れてしまったりということもあります。まぶたの線をできるだけ維持したい、皮膚へのダメージも少なくしたいという場合には、やはり二重の整形手術を受ける方が良いでしょう。整形手術と聞くと費用が嵩むのではないか、手術の傷が残ってしまうのではないかと心配になってしまわれる方も多いのではないでしょうか。現在二重の整形手術は手軽にできるようになっており、費用や時間もそれほどかかることはありませんし、選ぶ施術法によっては最小限の傷で受けることができます。施術法は大きく分けて埋没法と切開法に分けることができ、それぞれのまぶたの状態によって適した施術方が違います。医師とのカウンセリングや自分のなりたい目の形に合わせて施術法を選択することで、目の印象のみならず顔の印象まで作ることができるのです。

人の顔がそれぞれ違うのと同じように、それぞれのまぶたも厚さや形が違っているので、整形の方法も人によって適すものが違います。二重整形には埋没法と切開方がありますが、それぞれにメリットとデメリットがあり、自分に適したものを選ぶことが大切になります。費用面と手軽さで考えるならば適しているのは埋没法で、医療用の糸でまぶたを数カ所留めるだけなので、費用も安く済み短時間で施術が終わります。しかしまぶたがかなり厚めな方は、せっかく埋没法で施術をしてもまぶたの線が戻ってしまう場合もあります。このようなまぶたが頭の方に勧められるのが切開法であり、まぶたを希望する二重ラインに沿って切開し、脂肪を取り除いた上で縫合するというものです。切開をする、脂肪を取り除く、縫合するという手間がかかる分、費用も時間もかかりますし、ダウンタイムも長くなってしまうというデメリットはあります。しかしこの切開法で施術した二重の線は元に戻ることなく、永続的に持続するという点がメリットとして挙げることができます。また脂肪や皮膚のたるみも取り除けるということ、埋没法よりもはっきりとした線を作ることができるということも切開法の魅力です。自分のまぶたの状態やなりたい顔、なりたい目の形、また費用など、総合的に考えて、医師とよく話し合った上で施術法をきめましょう。

Copyright© 2019 憧れの目元になるのに短時間施術で済むのは魅力的 All Rights Reserved.